MeeCap活用例

テレワークでの活用

■テレワーク導入における課題

課題が多く導入がなかなか進まない!

■MeeCapをテレワークに活用するメリット

●労働状況の可視化を実現
・労働時間の把握、勤怠管理
PCの使用時間による勤怠時間の把握だけではなく、業務ごとの作業時間を把握することが可能です。労働時間の長時間化、またサービス残業や深夜労働等のリスク削減をサポートします。
・タスク、社員の管理
MeeCapは、キーボード操作、マウス操作などPCで行うあらゆる操作データを取得します。業務改善のためのプロセスマイニングソリューションである強みを活かし、テレワーカーが行っている業務の状況や操作を可視化することが可能です。
PC内での作業内容、作業手順の把握が可能なため、上司からの指示や判断を受けづらい、部下の仕事の進捗がわかりづらくマネジメントしにくいといった課題の解決をサポートします。
・適正な人事評価、業務知識の共有
仕事内容の実態が見えにくいテレワークにおいて、業務ごとの労働時間、PC内での作業内容を把握することで適正な人事評価にご活用いただけます。業務にかかる時間だけではなく、仕事の手順が見えることで、業務の難易度、成果による適正な判断をサポートします。
また、個人の仕事が可視化されることで、コミュニケーションの絶対量が減ってしまうテレワークにおいても、業務知識の共有にご活用いただけます。
●テレワークの生産性を高めるための業務分析に
・テレワークにおける最適なワークフローの発見
MeeCap本来の、ダッシュボード機能、自動レポート機能、HappyPath機能、行動ログ機能により、会社全体、グループ、個人の業務実態を把握、分析し、業務効率化、RPA対象業務分析を行うことで、生産性向上にもつなげることができる点がMeeCapの最大の強みです。
・テレワークにおける業務課題の抽出
業務内容を把握することで、テレワークを推進していく中での課題の抽出、業務フローの見直し、生産性の向上への取り組みにご活用いただけます。
●トラブル発生時の操作履歴として利用
普段のオフィスでの勤務と比べ、テレワーク時の社員は業務上のトラブルが起きた際に、周囲の社員からのサポートを得られにくい環境にあります。
また、周りの目が無いことから、トラブルそのものも起きやすい環境と言えます。MeeCapはPCの操作データを履歴として閲覧できるため、テレワーク時でも社員の業務を把握し、サポートを行うことが可能です。
また、会社の規定に違反するといったトラブル時も、操作経緯などの状況を振り返って確認することが可能です。

テレワークでのMeeCap活用イメージ