動作環境

MeeCapクライアント
インストール端末

OS
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Windows Server 2008R2 / 2012 R2 / 2016

※Intel製64bit CPUに対応
※MicrosoftのOSサポート期間終了後は、MeeCapクライアントのサポートは問い合わせ対応のみ(新たなバグFIXは行われない)

動作に必要なソフトウェア
Microsoft .NET Framework 4.0以降
CPU
Intel® Core™ i3-6100U 以上
メモリ
4GB以上
ハードディスク
空き容量10GB以上(ログ取得方法により異なります)
※参考:約500MB/1名1日(CSVファイル+ 画像ファイル)
ネットワーク
TCP/IP接続
クライアント - サーバ間:https
参考:キャプチャ画像を保存する場合は約100Kbps/1名程度の帯域
その他
・分析/管理画面閲覧 に必要なブラウザ: IE11以上、Google Chrome、Microsoft Edge
・URLアクセスログ取得機能及びURLでのログ除外機能が対応しているブラウザ : IE 8以上, Google Chrome
 ※アドレスバーにURLが表示されているサイトに限る
・クライアントのファイルパス取得の条件

-Windowsのエクスプローラ設定で、「ファイル拡張子を表示する」設定になっていること

-Windowsの設定で「最近使ったファイル」が取得可能となっていること

Private Cloud環境用 WEB,DBサーバ

サーバ基盤
AWS, Azure, GCP(※), Alibaba Cloud(※)
※順次対応予定
OS
Ubuntu:16.04 LTS
ネットワーク
TCP/IP接続
クライアント - サーバ間:https
Webサーバ - DBサーバ間: TCP3306番
その他
・分析画面へのアクセスに対応しているブラウザ:IE11以上、Google Chrome

推奨サーバスペック

CPU
vCPU * 2(Intel Xeon E5-2686 v4 相当の2コア)
メモリ
8GB
ディスク
100GB (データ保存要件に応じて、WEBサーバ側では別途保存領域が必要)
CPU
vCPU * 4(Intel Xeon E5-2686 v4 相当の4コア)
メモリ
16GB
ディスク
200GB (データ保存要件に応じて、WEBサーバ側では別途保存領域が必要)
CPU
vCPU * 8(Intel Xeon E5-2686 v4 相当の4コア)
メモリ
32GB
ディスク
300GB (データ保存要件に応じて、WEBサーバ側では別途保存領域が必要)
※WEB/DBサーバを上記スペックで各1台ずつ
※上記スペックは、分析画面を管理者のみが使用する場合の推奨値です。
各ユーザーも分析画面を使用する場合は、スペックの増強が必要となります