MeeCap Introduces You

More Efficient Way

MeeCapとは?

あらゆるモノがインターネットに繋がる世界「IoT」が広がっています。同時にそれらを作り上げるデータも爆発的な量となっています。
MeeCapは、インターネットに繋がるあらゆるモノに適応します。MeeCapを導入することで、IoTを活用する製造、流通、農業、金融、医療といった様々な企業の現場で使われる機器の操作を記録し、人の技術・ノウハウ、または隠れた課題を抽出、定量的なデータによる見える化を可能にします。
また、これらのデータをAI技術を活用して分析する機能は、業務効率化を図るRPAソリューションを導入するための手助けや、さらには昨今の企業課題である働き方改革の具体化へ効果を発揮します。
まだ見えぬデータを活用するためにMeeCapはIoTの世界と共に広がり続けます。
効率の良い方法を導く
記録、ストック、分析、コンサルティング、共有という手順で効率的な方法を導きます。
技術を伝える
遠隔にいる相手にも技術を簡単に伝え、グループで共有できます。
ニュース
Arrow 1 2 Arrow 1 2 Arrow 1 2 Arrow 1 2 Arrow 1 2
記録
データを文字や画像、動画として自動的に記録します。
ストック
記録したデータを分析可能な形へ整形し、データベースへ格納します。
分析
ストックしたデータを基に分析を行い、現状を把握します。
コンサルティング
分析結果から効率的な方法を導き出します。
共有
効率の良くなるポイントを共有し、実践していきます。